アプリケーションガードご利用ガイド

ここでは、Dicepitのオプション機能のアプリケーションガードを使用して、
インスタントメッセージと、P2Pの通信の制限や無効化の設定方法の説明をします。

 

 ※アプリケーションガードを設定する場合、まずはDicepitにログインしてください。

 ログイン方法の詳細は、マニュアル「ログイン方法に関して」

「現在の、Dicepit PUT102の環境をお客様のネットワーク環境に変更します」をご覧ください。

 以下は、ログインした際に表示される画面です。

 

 

アプリケーションガードの設定画面を開く

 Dicepitログイン後画面の左側にあるメニューから、[アプリケーションガード]−[設定]を選択します。

 

 

 以下の画面が表示されますので、『▼』を押してください。

 

 次に、設定したいアプリケーションを押してください。

 

 次に、『検索』ボタンを押してください。

 

 『検索』ボタンを実施すると、以下のようにアプリケーションの振舞いが表示されます。

 

 以上の画面から、Logを取得する設定とアプリケーションの通信を制限する設定が行えます。

 

 表示される振舞いは主に以下のとおりです。

振舞い

説明

 Login  ログイン
 Message  インスタントメッセージ
 File Transfer  ファイル
 Audio  音声
 Video  ビデオ
 DataFlow  データフロー
 Protocol Detect  プロトコル検出

 

Logを取得する設定にする

Logを取得する場合は以下のように、Logを取得したい振舞いに対して『▼』を選択し、『Log』を選択をします。

 

   ※以下のように、Logと書かれた箇所を変更することで、すべての振舞いに対してLogを取得する設定に変更できます。

   

 

 変更を行ったら、必ず画面下部にある『確定』ボタンを押して設定を反映させてください。

 

  

 画面上部に『Success to save configuration.』メッセージが表示され設定が反映されます。

 

※取得したLogは、Dicepitログイン後画面の左側にあるメニューの[記録と報告] − [ログ検索]から閲覧できます。

詳細は、マニュアル「記録と報告ご利用ガイド」をご覧ください。

 

 

アプリケーション機能制限を設定する

 例えば、振舞い「Login」のActionをblockに変更するとログイン行為そのものを防ぎ、ログインできないようにします。

 Action項目の『▼』を選択し、『block』を選択してください。

  

   ※以下のように、Actionと書かれた箇所を変更することで、すべての振舞いに対してBlock設定に変更できます。

   

 

 変更を行ったら、必ず画面下部の『確定』ボタンを押して設定を反映させてください。

  

 このようにAction項目をblockに変更することで、アプリケーションの振舞いの送受信をできないようにします。

 ※(Dicepit PUT102が出荷時設定の場合、アプリケーションガードは設定されていません)

 

リセットする

 『確定』ボタンを押す以前の状態に戻します。

 

 ※確定済みの項目はリセットされません。

 

 

アプリケーションガードを有効にする

 Dicepitログイン後画面の左側にあるメニューから、[アプリケーションガード]−[状態]を選択します。

 

 [IM/P2Pアプリケーションを有効にする] にチェックをしてください。

 

 必ず画面下部の『確定』ボタンを押して設定を反映してください。

 

 

 これで、アプリケーションガードは有効になります。