記録と報告ご利用ガイド

ここでは、オプション機能の記録と報告のご利用方法を説明します。

 

 ※記録と報告を確認する場合、まずはDicepitにログインしてください。

 ログイン方法の詳細は、マニュアル「ログイン方法に関して」

「現在の、Dicepit PUT102の環境をお客様のネットワーク環境に変更します」をご覧ください。

 以下は、ログインした際に表示される画面です。

 

 

記録と報告の確認をする

 Dicepitログイン後画面の左側にあるメニューから、[記録と報告]−[ログ検索]を選択します。

 

 以下の画面が表示されます。

 

 記録と報告のログ検索では、以下の項目のログを閲覧できます。

項目

説明

 アンチウイルス−HTTP  ウェブページ閲覧時に防いだウイルスのLogを閲覧できます
 アンチウイルス−FTP  ファイル転送時に防いだウイルスのLogを閲覧できます
 アンチウイルス−SMTP  メール送信時に防いだウイルスのLogを閲覧できます
 アンチウイルス−POP3、IMAP4  メール受信時に防いだウイルスのLogを閲覧できます
 不正侵入防止  不正侵入を検知したLogを閲覧できます
 トラフィック違反  検知したトラフィック違反を閲覧できます
 プロトコル違反  検知したプロトコル違反を閲覧できます
 アプリケーションガード  アプリケーションガードで設定したLogを閲覧できます
 ウェブガード  検知した悪意のあるURL、検査したURLを閲覧できます

 

Logを閲覧する

 閲覧したいログの項目をタブから選択し、『検索』ボタンを押してください。

 

 

日付で絞り込む

 日付を指定することで、さらに絞り込んだLogの閲覧が可能になります。

 日付に『MM/DD』の形式(例:01/01)で日付を指定し、『検索』ボタンを押してください。

 

 

キーワードで絞り込む

 キーワードを指定することで、さらに絞り込んだLogの閲覧が可能になります。

 キーワードを指定し、『検索』ボタンを押してください。 (※キーワードは大文字と小文字を区別します。)

 

 

 

記録と報告を設定する

 Dicepitログイン後画面の左側にあるメニューから、[記録と報告]−[設定]を選択してください。

 

 以下の画面が表示されます。

 

 

システムログを設定する(Syslogサーバーをお持ちのお客様)

 Syslogサーバーのサーバー名またはIPアドレス、ポートを入力し、『確定』ボタンを押してください。

 (※Syslogサーバーはお客様の方でご用意ください。)

 

ログを無効にする

 ログの出力を無効にできます。『ログを無効にする』にチェックを入れて、『確定』ボタンを押してください。